Profile




New Photo


Category


Recent Comment


Archive


No Photo, No Life

二度とない「今」という一瞬を彩る美しさを求めて・・・




天竺渡来大観音石像と大涅槃石像


▲HOME

下記ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ


今日はこの寺で一番大きな石像です。この像に関し寺の説明には;
天竺渡来釈迦如来大涅槃石像は昭和58年3月 開眼 全長20m 全重量1200t
この石像は、インドハンセン病救済事業のご縁でインドからご招来したも
の。 インド国民の協力と南インドカルカラの三億年前の古石がインド政府や
様々な方のご支援で、提供され、延べ7万人のインドの石工が参加して
すべて手造りで製作された。 20mの巨岩は動かすことも、運ぶことも
不可能なので66個に分割して彫刻し、日本に運ばれ組み立てられた。
この巨岩を支える土台は深く基礎岩盤にまで掘り下げられ、数万巻の写経と
土台石が埋納されている。 また、胎内には数万巻の写経と胎内石が納めら
れ、66個の石が1本の巨石となっている。 この大観音石像はインドの文化
勲章受章者シェノイ氏及びその一門によって製作されたもので昭和58年
3月12日開眼法要が営まれた。

天竺渡来大涅槃石像は平成11年安置 全長8m
大観音石像と同じく、インドにおける奉仕事業のご縁で始まった国際交流・
石彫事業の一環として製作された。 涅槃像はすべての教えを説き終えて入滅
せんとする釈迦の姿を顕している。
釈迦の最後の説法は「自灯明(じとうみょう)・法灯明
(ほうとうみょう)」自らを灯明とし、自らをよりどころとし、
法を灯明し、法をよりどころとすることを説かれた。 釈迦がいる、
いないにもかかわらず自分を頼りとし、正しい教えを頼りとすることを
意味している。


撮影地 : 奈良県 壷阪寺












下記2つのブログランキングに参加しています。
応援クリックをお願い致します(^_^)v
↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
人気ブログランキングへ

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 奈良
  • 05:00
  • comments(2)
  • -
  • -
  • by Greencandy

  • Copyright © Greencandy All Rights Reserved




    コメント
    LimeGreen様
    世界中人々がお釈迦様のような安らかな顔をされていたら世の中平和になるでしょうね。
    なんというか、自分が今まで見た中で、一番「やすらか」なお顔をされたお釈迦様のように思いました。

    仏教発祥の地から色々な人々の思いを込めて製作されて日本へ来た仏様。ありがたいですね。
    コメントする